おはようございます、「け」と打つと予測変換で決算が出ます ザキヤマです。


今回はQに1度の定期エントリーをお届けしたいと思います。オプト/サイバーエージェント/セプテーニ 3社の決算(2018年10-12月)のポイントを簡単にまとめてみました。※D.A.Cホールディングスを加えた4社でずっと書いてきましたが、博報堂DYによるTOBによりD.A.Cホールディングスが上場廃止となったため7-9月期間より3社で書いております


◆3社売上高まとめ
サイバーエージェント_オプト_セプテーニ_売上2019
※セプテーニのみ国際会計基準(IFRS)

オプト:231億4,700万円(前年同期比+3.7%)
サイバーエージェント:1,108億5,500万円(同+13.2%)
セプテーニ:40億7,500万円(同+1.2%)※収益(国際会計基準)


◆3社営業利益・営業利益率まとめ
サイバーエージェント_オプト_セプテーニ_売上2019_2
※セプテーニのみ国際会計基準(IFRS)

オプト:5億4,400万円(同+82.4%)
サイバーエージェント:53億4,600万円(同-35.2%)
セプテーニ:4億800万円(同-41.3%)※Non-GAAP営業利益(国際会計基準)


以下、主要事業の振り返りをメインに各社レビューをザックリと。

◆オプト  
サイバーエージェント_オプト_セプテーニ_売上2019_4
※単位(百万円)

今回は通期決算でしたので通期数字から

売上高:872億1600万円(前年同期比+5.6%)
営業利益:17億6700万円(同-20.5%)
営業利益率:2.0%
経常利益:16億6900万円(同-13.1%)
純利益:19億2200万円(同+90.2%)

▼マーケティング事業
売上高:214億9,900万円(前年同期比+13.4%)
営業利益:12億3,300万円(同+12.5%)
営業利益率:5.7%
※4Q単体

大手領域:一部大手のインハウス化など売上成長率鈍化
大手領域:高粗利率のブランド/ノンアド事業の成長寄与
地方中小領域:売上35.9%成長と大型案件が増加し順調に推移


<商材別取扱高>
・動画広告 前年同期比:+5.8%
・ソーシャル広告 前年同期比:+26.5%
・LINE広告 前年同期比+42.8%
・アドネットワーク広告 前年同期比+6.7%
・リスティング広告 前年同期比+13.6%

▼その他トピックス
・シナジー投資事業:ライトアップIPO連結除外も中国越境EC事業取扱高拡大により増収
・シナジー投資事業:ライトアップ株売却及びSIGNATEにおけるAI事業案件増加等により増益


◆サイバーエージェント
サイバーエージェント_オプト_セプテーニ_売上2019_5
※単位(百万円)

以下、各事業レビュー

▼ネット広告事業
売上高:628億4,000万円(前年同期比+9.7%)
営業利益:45億4,300万円(同-17.1%)
営業利益率:7.2%
※1Q単体

・今後 全方位的な新規顧客の獲得に注力

▼ゲーム事業
売上高:363億6,300万円(前年同期比+7.8%)
営業利益:31億9,300万円(同-43.4%)
営業利益率:8.7%
※1Q単体

・減益要因は「ドラガリアロスト」を中心とした広告宣伝費の積極投下や、想定課金額を下回ったこと
・今後 グランブルーファンタジー等の主力タイトルの周年記念を予定
・2019年冬にバンダイナムコエンターテインメントとの新規協業タイトルが配信予定

▼メディア事業
売上高:95億2,800万円(前年同期比+29.0%)
営業利益:▲49億9,100万円(内「AbemaTV」等▲59億円)
※1Q単体

・AbemaTV 開局2年9ヶ月で3,700万DL突破
・有料会員「Abemaプレミアム」の会員数がはYonY 約4.5倍の35.8万人に成長
・AbemaTV 2018年10代女子が選ぶトレンドランキング」にランクイン
・タップル誕生 マッチングアプリで国内第1位に ※App Annie社「モバイル市場年鑑 2019」

▼その他トピックス
・今期業績予想の下方修正を発表

<19年9月期通期予想 ※下方修正>
売上高:4,400億円(修正前からの差異-300億円)
営業利益:200億円(同-100億円)
経常利益:190億円(同-100億円)
純利益:20億円(同-30億円)


◆セプテーニ
bandicam 2019-02-10 00-08-52-450
※国際会計基準(IFRS)
※単位(百万円)

以下、各事業レビュー

▼ネットマーケティング事業 
収益:37億3,400万円(前年同期比-1.9%)
Non-GAAP営業利益:12億4,200万円(同-15.5%)
Non-GAAP営業利益率:33.2%
※1Q単体
※参考(売上高)191億6,900万円(同+2.6%)

・海外:北米好調もアジア圏は低調な推移
・動画広告の取扱高32.1億円(前年同期比+3.7%)/構成比16.7%
・ブランド広告の取扱高11.3億円 収益YonY1.7倍/構成比5.9%
・海外収益⇒3.6億円(前年同期は4.9億円)※海外収益比率9.7%


▼メディアコンテンツ事業 
収益:4億1,600万円(前年同期比+38.2%)
Non-GAAP営業利益:▲2億9,100万円(同▲3億300万円)
※1Q単体

・GANMA!のアプリ収益 YonYで+2.6% 
・GANMA! 累計1150万DL(12月末)
・GANMA! 12月月間PV数 33.6億PV
・ARPU 36.6円
・12月にGANMA!のメジャーアップデートを実施


▼その他トピックス 
・電通が20.99%の株式を取得 12/18付で電通の持分法適用関連会社に(上場維持)
・FY2019/2Qより電通と業務提携開始

以上、2018年10-12月の決算まとめでございます。次回は春にお会いしましょう。

[関連エントリー]
・2018年7-9月はコチラ
・2018年4-6月はコチラ

[東京都立 戯言学園]  
Facebookページはコチラ
ストアはコチラ