おはようございます、昔ハウスエージェンシーという言葉に憧れてました ザキヤマです。


ということで、今まであまり着目してこなかった"ハウスエージェンシー"について、ザックリとまとめてみたいと思います。簡単な決算振り返りではありますが、どんなハウスエージェンシーがあるのかという視点でも見て頂ければと思います。

bandicam 2017-07-05 02-10-28-493
※数字はHPや親会社の決算資料/官報より引用

決算情報が得られた全38社を記載させて頂きました。決算情報が得られなかった会社もまだまだありますので、調べてみると、改めてハウスエージェンシーの数が多いと感じた次第です。

ハウスエージェンシーというだけあってか、各社歴史を感じる期の長さが伺えます。特に数字規模感が大きいのが、電鉄系のJR東日本企画(jeki)や東急エージェンシー、車系のデルフィス(トヨタ系)、ホンダコムテック、新聞社系の読売広告社、通信系のNTTアドあたりでしょうか。


一定の安定感があるのは事実かと思いますが、デジタルシフトや新テクノロジー領域といった時流への適応も注目していきたいところでございます。

[東京都立 戯言学園]  
Android Appはコチラ
Facebookページはコチラ
ストアはコチラ