おはようございます、台風は勘弁してほしい ザキヤマです。


今回は四半期にに1度の定期エントリーを。ということで、オプト/サイバーエージェント/セプテーニ 3社の決算(2019年4-6月)のポイントを簡単にまとめてみました。


◆3社売上高まとめ
サイバーエージェント_オプトセプテーニ決算_2
※セプテーニのみ国際会計基準(IFRS)

オプト:201億4,100万円(前年同期比-1.4%)
サイバーエージェント:1,136億6,700万円(同+8.8%)
セプテーニ:42億8,200万円(同+20.6%)※収益(国際会計基準)


◆3社営業利益・営業利益率まとめ
サイバーエージェント_オプトセプテーニ決算_
※セプテーニのみ国際会計基準(IFRS)

オプト:▲5億2,800万円(同1億3,400万円の黒字)
サイバーエージェント:94億4,400万円(同+38.3%)
セプテーニ:6億200万円(同▲1億8,100万円)※Non-GAAP営業利益(国際会計基準)


以下、主要事業の振り返りをメインに各社レビューをザックリと。

◆オプト  
サイバーエージェント_オプトセプテーニ決算_6
※単位(百万円)

▼マーケティング事業
売上高:192億6,900万円(前年同期比-0.2%)
営業利益:3億300万円(同-57.1%)
営業利益率:1.6%
※2Q単体

・大手領域
売上高:146億7,300万円(前年同期比-5.8%)
営業利益:1億8,000万円(同-68.2%)

・地方中小領域
売上高:48億3,600万円(前年同期比+20.3%)
営業利益:1億2,300万円(同-12.9%)

大手領域:一部既存顧客の広告予算縮小。新規ナショクラ顧客獲得は進捗するも粗利率は低下
地方中小領域:一部大口顧客の取扱高減少も既存の予算増加や新規獲得により売上成長回復基調
地方中小領域:特定メディアのインセンティブ減少により前年同期と比較して粗利の伸びが鈍化

<商材別取扱高>
・動画広告 前年同期比:-36.0%
・ソーシャル広告 前年同期比:+5.1%
・LINE広告 前年同期比+0.9%
・アドネットワーク広告 前年同期比-1.4%
・リスティング広告 前年同期比-1.0%

▼その他トピックス
・ソウルドアウト子会社のサーチライフとテクロコが合併しSO Technologies設立
・Yahoo!マーケティングソリューションパートナープログラムにて「広告運用パートナー」に特別認定
・中国消費者向けマーケティングおよび流通支援の新会社オプトチャイナ設立


◆サイバーエージェント
サイバーエージェント_オプトセプテーニ決算_5
※単位(百万円)

以下、各事業レビュー

▼ネット広告事業
売上高:653億円(前年同期比+7.9%)
営業利益:51億9,000万円(同+8.5%)
営業利益率:8.0%
※3Q単体

・2Q-3Qは広告運用力を強みに新規開拓を強化
・4Q以降は新規開拓した広告主の取扱高拡大を狙う

▼ゲーム事業
売上高:382億円(前年同期比+7.5%)
営業利益:83億7,000万円(同+23.7%)
営業利益率:21.9%
※3Q単体

・QonQでは周年記念の反動はあったものの、既存タイトルが好調
・広告宣伝費等を適正化し83億円と大幅増益
・年間約5本の新規タイトルを提供予定

▼メディア事業
売上高:89億3,000万円(前年同期比+14.6%)
営業利益:▲42億6,000万円(内「AbemaTV」等▲47億円)
※3Q単体

・AbemaTV 開局3年で4,200万DL突破
・有料会員「Abemaプレミアム」の会員数が44.8万人に
・4月開設の「競輪チャンネル」初速の取扱高が順調に拡大
・吉本芸人緊急会見生中継の特別番組で1,000万WAU超え

▼その他トピックス
・東急電鉄、サイバーエージェント、DeNA、GMOインターネット、 ミクシィが渋谷区教育委員会と「プログラミング教育事業に関する協定」を締結

・短尺に特化したオンライン動画広告の企画・制作を行うクリエイティブ子会社、株式会社6秒企画を設立

・上方修正を発表
<修正後の業績見通し>
売上高:4400億円(修正前からの差異+0円)
営業利益:290億円(同+90億円)
経常利益:285億円(同+95億円)
純利益:20億円(同+0円)


◆セプテーニ
サイバーエージェント_オプトセプテーニ決算_4
※国際会計基準(IFRS)
※単位(百万円)

以下、各事業レビュー

▼ネットマーケティング事業 
収益:37億6,900万円(前年同期比+15.8%)
Non-GAAP営業利益:11億9,000万円(同+132.5%)
Non-GAAP営業利益率:31.6%
※3Q単体
※参考(売上高)190億1,200万円(同+14.9%)

・オーガニック成長と電通提携により伸長
・海外:アジア圏低調な推移により横ばい成長
・海外収益⇒3.8億円(前年同期は4.2億円)※海外収益比率10.0%
・動画広告の取扱高30.9億円(前年同期比+0.7%)/構成比16.2%
・ブランド広告の取扱高12.6億円 (前年同期比+72.9%)/構成比6.6%

▼メディアコンテンツ事業 
収益:5億7,000万円(前年同期比+56.8%)
Non-GAAP営業利益:▲1億7,300万円(同+4,000万円)
※3Q単体

・GANMA! 累計1252万DL(6月末)
・GANMA! 6月月間PV数 27.2億PV
・ARPU 48.9円
・ブランド広告は堅調に推移
・サブスクリプション収益は増加

▼その他トピックス 
・ワンメディアと資本業務提携を締結
・ソーシャルメディアマーケティング支援事業のハイスコアが宮崎オフィスを開設

以上、2019年4-6月の決算まとめでございます。次回は秋にお会いしましょう。

[関連エントリー]
・2019年1-3月はコチラ
・2018年10-12月はコチラ

[東京都立 戯言学園]  
Facebookページはコチラ
ストアはコチラ