おはようございます、ザキヤマです。情報をまとめるのが好きです。


2ヶ月くらい前に書いた 施設予約サービス EPARK。11期目で16億円の黒字化を達成したことをお伝えしましたが、そのEPARKは様々なサービスを手掛けておりまして、今回はそんな同社のグループ各社の決算をまとめてみたいと思います。

EPARK_売上_業績2
※官報より数字引用

EPARKは、以前から提供しているサービスに加え、本体である総合サイトから派生したサービスがここ数年でたくさん誕生しております。上記はグループ各社の2018年3月期決算まとめですが、その数は全18社と大きなものになっております。

参考:グループサイト一覧

一部、メディア運営ではない会社もあるかと思いますが、多くがメディア運営企業で、サービスに紐付いて会社が存在する というイメージかと思います。1-3期目の会社が多いことから、ここ数年で立ち上がったサービスも多いことと思います。各社 まだ投資フェーズであることが予想され赤字ではありますが、積極的な投資ぶりを感じる数字となっております。EPARK本体も長年の投資の末に大幅黒字を見せており、各社が今後大きな利益へと化けることが期待されます。適宜動向を追っていきたいと思います。

[関連エントリー]

[東京都立 戯言学園]  
Facebookページはコチラ
ストアはコチラ