おはようございます、ザキヤマです。RIZAPのCMが流れている中 書いてます。


ということで、今回取り上げるのはRIZAPグループの決算。過去何回か買収に関するエントリーを書いてますが、今回は決算について。ちなみに、怒涛の買収劇がもはや定期コンテンツのようなRIZAPグループですが、業績も大成長中でして、過去8年の業績推移を見ていきます。

RIZAPグループ業績 1000億円

右肩上がりの綺麗なグラフが同社の成長ぶりを示しております。今回発表のあった18年3月期の決算は以下の通り。

<2018年3月期通期決算>
売上収益:1362億100万円(前年同期比+42.9%)
営業利益:135億9000万円(同+33.1%)
当期利益:92億5000万円(同+20.5%)
※IFRS


売上収益は初めて1000億円を突破。といいますか、大きく突破して1362億円を記録。内訳については以下の通り。

・美容 健康関連事業
売上収益:685億6100万円(前期比+79.3%)
営業利益:104億3900万円(同50.8%)

・アパレル関連事業
売上収益:279億1900万円(同+114%)
営業利益:12億2400万円(同-29.8%)

・住関連ライフスタイル事業
売上収益:296億6600万円(同-10.8%)
営業利益:42億7200万円(同+271.4%)

・エンターテイメント事業
売上収益:120億8200万円(同+0.3%)
営業利益:2億300万円(同-88.7%)


成長の大きな要因は、RIZAPボディメイク事業含む「美容 健康関連事業」と 夢展望やジーンズメイトなどの「アパレル関連事業」の伸び。背景としては、買収による先行投資が一つあるかと思います。

(参考)RIZAPによる買収歴 2017年12月まで

RIZAP買収2017

ちなみに、美容 健康関連事業の全体売上収益に対するシェアは約50%、そのうちRIZAPボディメイク事業では売上収益329億円(全体シェア24.1%)。つまり、全体売上の4分の1がRIZAPボディメイク事業で生まれているということになります。また、総じて収益性が高まっており、今期の数字に期待がかかります。そんな今期業績予想は以下の通り。

<2019年3月期通期業績予想>
売上収益:2500億円(前年同期比+83.6%)
営業利益:230億円(同+69.2%)
当期利益:159億4000万円(同+72.3%)
※IFRS

売上収益予想は、なんと前期の約1.8倍の2500億円。とてつもない数字ですね。RIZAPならコミットしてくれそうです。期待です。ではまた。

[関連エントリー]

[東京都立 戯言学園]  
Facebookページはコチラ
ストアはコチラ